ニュース&メディア

NEWS&MEDIA

在日ウクライナ人4名雇用、避難民へのサポート体制を強化しました

在日ウクライナ人4名雇用、避難民へのサポート体制を強化
-外国人支援のGTN、住環境・ライフラインの整備などの生活相談にウクライナ語で対応、日本生活を中長期で支援します-

 

外国人支援の株式会社グローバルトラストネットワークス(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:後藤 裕幸、以下GTN)は、外国人専門の生活サポート部署(※1)へ、日本在住ウクライナ人4名を雇用しました。日本の慣習・生活に慣れたメンバーが母国語でウクライナからの避難民をサポート。短期・中長期ともに円滑な支援を行います。

日本国政府がウクライナに対する人道支援の一環である避難民の受け入れを表明したことを支持し、政府の認定を受けたウクライナの避難民の方々への生活のサポート体制を強化いたしました。

これまでもGTNでは避難民の方へのモバイルTOPUP、SIM、Wi-Fiの無償提供(※2リリース参照)などを行っておりましたが、ご本人や受入れ先から住環境や病院など生活基盤についての問い合わせが増えていたことから母国語での相談対応が必要になると考え、在日ウクライナ国籍メンバーの採用、実務研修などの準備を進めておりました。

2021年6月末の出入国在留管理庁の発表によると、ウクライナ国籍の日本在住者はおよそ1,800名であり、日本に住んでいる外国人約282万人のうちの約0,06%。ウクライナ語での相談や生活習慣・文化の違いへの受け入れ対応などを公共事業として整えるには利用者が多くはないことから難しい状況です。

留学や、就労先として日本を選んだ方々と異なり、言語・生活に関する予備知識がないことも課題です。

GTNでは、日本で初めて生活する外国人の方へのサポート経験、積み重ねてきたノウハウをもって現在メイン対応言語19ヵ国語に、ウクライナ語・ロシア語を加えた21言語でサポートを開始しております。来日すぐから中長期の滞在においても円滑な受け入れと安心して日本で暮らすためのサポートを行ってまいります。

※1)GTN 生活サポート事業
https://www.gtn.co.jp/business/life-support/
生活上の様々なトラブルやご相談に多言語のスタッフが通訳対応・改善から問題解決まで。まずはご相談ください。

※2)ウクライナ人道支援リリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000054071.html
GTN MOBILE TOP UPは日本から海外150以上の国・地域の携帯電話に通話・通信料をチャージできるサービス。母国にいるご家族の携帯電話、ご自身が契約中の通信会社へのチャージが可能です。

 

  • 日本のアパートの暮らし方
  • 社長後藤裕幸ブログ