ニュース&メディア

NEWS&MEDIA

GTN、伊予銀行と特定技能介護人材紹介における業務提携契約締結

平素よりGTNをご愛顧賜りまして、厚く御礼申し上げます。

GTN、伊予銀行と特定技能介護人材紹介における業務提携契約締結
~愛媛県を中心とした介護事業所の人手不足解消に貢献、地域経済活性化に寄与~

外国人専門の生活総合支援事業を展開する株式会社グローバルトラストネットワークス(以下GTN、本社:東京都豊島区、代表取締役社長:後藤 裕幸)は、株式会社伊予銀行(以下 伊予銀行、本店:愛媛県松山市、取締役頭取:三好 賢治)と外国人介護人材紹介事業における業務提携契約を5月1日に締結、7月より事業を開始します。

伊予銀行が事業者の経営課題や外国人介護人材の雇用ニーズをヒアリング、GTNを通じて適切な外国人材を紹介することで企業の成長をサポート、人手不足問題の解決と地域経済の活性化に寄与してまいります。

【背景】
四国に本社を置く企業のメインバンクとしてシェアトップの伊予銀行は多くの企業からの経営課題の相談を受けており、少子高齢化による人材不足の深刻化、人材確保という経営解決のため4月1日から人材紹介業に参入しています。
中でも人手不足の問題が慢性化している介護事業では、全国的に外国人材確保に向けた相談が増加していますが、実際の外国人雇用にあたっては「具体的に何をすればよいのか」、「費用はどれくらいかかるのか」、「受け入れが上手くいくのか」など、様々な疑問や不安を抱える事業者が多く雇用に結びつかないのが現状です。

GTNは登録支援機関として外国人材の紹介はもちろん、外国人を雇用した企業が果たさねばならない支援義務、外国人の生活全般の支援を請け負っています。介護人材としてはフィリピンの送出し機関と提携しており日本語が堪能で特定技能資格を持つあるいは資格取得に向け勉強中の人材が待機、人材の紹介から定着までの支援が可能です。

本提携では伊予銀行の顧客企業の課題に応じて、人材紹介、採用支援~定着の課題を解決する為に、外国人専門に培ってきたノウハウとサービスを提供し企業の成長をサポートします。

【提携のポイント】
・ 伊予銀行の顧客企業の外国人介護人材における課題の解決
・ 特定技能介護試験合格者フィリピン人材を紹介(技能実習生として日本での就労経験あり、日本語が堪能)
・ 3年後の介護福祉士取得まで支援、定着を促す
・ 地域企業の事業拡大、および地域経済活性化に寄与
・ 7月から共同開催のオンラインセミナーを通じて紹介を開始

本提携により、伊予銀行が掲げる「潤いと活力ある地域の明日を創る」、GTNが掲げる「外国人が日本に来てよかったをカタチに」という企業理念に則り、地域企業の事業拡大、地域経済活性化に向けた取り組みを推進してまいります。

リリース詳細

 

 

  • 日本のアパートの暮らし方
  • 社長後藤裕幸ブログ
  • GTN RIMIT